Jewel Teeth Project

カラベアの乳歯の宝石製作ブログ(あれこれ好きなことも書いてます)

スポンサーリンク

カラベア、リビングカルチャー教室のシルバージュエリー教室に通う!(持ち物リストも公開)

f:id:carabear-JewelTeeth:20190915160129p:plain

 

こんにちは。カラベアです。

歯科技工の仕事をしながら、乳歯を想い出の宝石に変えてもらうべく、ハンドメイド作品をちまちま作っています。

 

カラベアは主にネットやハンドメイド本を参考に作品作りをしているのですが、前々からプロフェッショナルな技術も学んでみたいと思っていました。

 

ある日、地域情報を提供する「リビング新聞」というフリーペーパー紙に、「シルバージュエリー教室」があるのを発見。これは願ったり叶ったりです。

 

実はこのリビング新聞のカルチャー倶楽部の存在は前から知っていました。

 

たまにカラオケ教室が載っているのをみるとちょっと行ってみようかなと思うのですが、日程が微妙に合わなかったり、女性限定だったりで、無理だなと諦めることがしばしば・・・。

 

だがしかし、今回のシルバージュエリー教室は日曜開催なのでカラベアでも全部参加できます!

 

やったぜ!

 

しかも全6回授業なのに受講料9900円。材料代は別。

初めは1回の授業の値段かと思いきや、まとめてのお値段であると。良心的すぎやしないか・・・。

 

感動に震える手でカラベアは早速リビング新聞のwebサイトから、シルバージュエリー教室の申し込みボタンを押したのです。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202551j:plain

 

ジャーン!

申し込みから数日後、待ち焦がれた案内が届きました!

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202604j:plain

 

シルバージュエリー教室の授業案内や、会場の使用注意事項、それから受講料の振り込み用紙が入っていました。

 

そして、リビングカルチャー倶楽部の会員証も同封されています。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202615j:plain

 

カラベアはその昔、嫁さんにプロポーズするための婚約指輪を作った過去を持っていたり。

 

婚約指輪を作るために鹿児島市にある仁太屋銀工房というハンドメイドアクセサリーのお店のセルフメイドコースに通いました。ほぼ全ての工程でお店の方に手直してもらうので、カラベア自身で作ったとは言えないかもしれません(笑)

 

写真はその時作ったもの。けっこう良くないですか?ニヤり

 

結局完成する前に、嫁さんに作りに行っているのがバレてしまうという逆サプライズがあったのもいい思い出です(笑)

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202625j:plain

 

自己顕示欲アピールはほどほどにして、この教室に必要な道具を紹介しておきましょう(笑)

 

送られてきた資料によると以下の持ち物が必要です。

 

「持ち物リスト」

  1. エプロン
  2. 消しゴム
  3. コンパス
  4. はさみ
  5. デザインナイフ
  6. 油性ペン
  7. 鉛筆
  8. 袖がまくれて、汚れてもいい服装

 

道具は全部100均で揃いますね。いい感じの猫のエプロンも見つけてしまいました(笑)

 

当日カラベアは授業内容や話をメモしたかったので、小さめA5のリングノートも持っていきました。あとは写真も撮りたいのでスマホですね。

 

図を書いたりするなら定規もあった方が良さそうかな。荷物を揃え会員証を握りしめたらシルバージュエリー教室にレッツゴーです!

 

あっ受講料の振り込みも忘れずに(笑)

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202640j:plain

 

会場は、鹿児島市イオン鹿児島鴨池店の2階にあるリビングカルチャー倶楽部になります。

 

授業は13時~15時の2時間コースで、会場内には15分前から入室できるということだったので、ワクワクが止まらないカラベアは早めに行って待つことに。

 

受付で「今日は参加者はお一人ですよ」と言われ、先生とマンツーマンであることが発覚!

 

少し話が戻ります。

 

リビングカルチャー倶楽部のwebサイトでの申し込み時、シルバージュエリー教室講師の枦山輝久(はぜやまてるひさ)先生「ジュエリー工房T-maker」というお店をされていることが分かりました。

 

早速検索するとFacebookのページがヒット。

以前は鹿児島市にある有名ジュエリー店「工房RYO」でも働いていたのかー。

 

ふんふんと内容を読んでいくと・・・

 

なんと先生もカラベアと同じく、歯科技工の仕事もしているだと⁉

 

その時は同業者ということの衝撃を受けつつも親近感を持ちましたが、初回から二人きりだなんてカラベアに緊張が走ります・・・。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202651j:plain

 

まだ先生が到着していなかったので、教室内の写真をパチり。

 

授業時間になり枦山先生がやって来ましたが、実際にお会いしたのは凄く物腰が柔らかく紳士的な方でした。

 

カラベアが受けた印象では、和製スティーブ・ジョブズ的な風貌。ユニクロの柳井正会長のイメージにも近いか。

 

なにより隠し切れないクリエイティブな匂いを感じましたよ(笑)

 

男性が一人で講座を受講するのは珍しいと言われ、カラベアが乳歯を使ったハンドメイド乳歯入れやアクセサリーを作る活動をしていると話すと、とても親身になって色々とアドバイスをしてくれました。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202702j:plain

 

初回の授業内容は、シルバージュエリーの作り方を資料を見ながら学んでいくものでした。アクセサリー作りのことを専門的な言葉で彫金(ちょうきん)と呼ぶそうです。

 

カラベアが歯科技工士ということで、先生は歯科技工と彫金技術の違いや共通点なども教えてくれました。

 

例えば、ロウ付けという金属の接合技術の違いや、金属の磨き方に対する考え方がそもそも違うことなど面白い話が盛りだくさん!

 

歴史的にも歯科技工の技術が、彫金の分野に流れて発展してきた部分もあるということで、実は関わりが深いなんて全く知らなかったなー。

 

シルバージュエリー教室に来たのに、歯科技工のことも勉強できるなんて、今までこの講座を受講した中で、一番カラベアが得したのではないでしょうか。

 

ということで皆さんにも面白い彫金師あるあるを教えてあげましょう!

 

彫金師は指輪の出来栄えをみるとき、まず指輪の外側を見るのではなく内側を見る」

 

指輪の内面はデザインで誤魔化しができないので、金属の緻密さや磨きの技術などを見るのにうってつけ。やはりプロの目線は違いますねー。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202711j:plain

 

実はアクセサリー作りで最も重要なのは設計図づくりなんだそう。先生はここでもう作品の完成までの工程の9割をしめてしまうとまで豪語していました。

 

この設計図づくりで作品のイメージを固定化することが大切なんですって。技術の方は反復作業でついてくるものなので、こちらの設計やデザインの方が彫金師としてのセンスを問われるようです。

 

次回の講座まで1ヶ月ほど時間が空くのですが、宿題として設計図づくり、もといイメージ固めをしてくることになりました。

 

カラベアは作品をつくるために、当然乳歯を取り入れます。素敵なデザインを生み出すために頑張るぞー!

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20200202202721j:plain

 

ブログ用の写真を撮るために、資料や持ち物を並べているとミルちゃんがしきりに邪魔してくるので懲らしめました(笑) 

 

期待を膨らませて臨んだシルバージュエリー教室ですが、初回から存分に楽しむことができたカラベアでした。皆さんもリビングカルチャー倶楽部のシルバージュエリー教室を体験してみてくださいね。

 

ということで最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。また残りの講座(あと5回)の様子も紹介していきますからね。読者登録やブックマークしていただけるとカラベアがとっても喜びますので、よろしくお願いします。