Jewel Teeth Project

カラベアの乳歯の宝石製作ブログ(なのに食べ物の記事ばかり笑)

スポンサーリンク

週末キッチン男飯 安いお肉を美味しく食べる! 「豚肉とミニトマトのソテー」「鶏肉とあおさのピカタ」

f:id:carabear-JewelTeeth:20190502201440p:plain

こんにちは。カラベアです。

今回はカラベア流男飯を紹介したいと思います。

 

カラベア家は夫婦共働きです。嫁さんはシフト制の勤務で土日も仕事の時があるので、早く帰れたときや休みの日などは、週に1、2回くらいはカラベアが夕食を作ります。

 

この日は嫁さんが仕事でカラベアは休みだったので、普段は電車通勤の嫁さんを車で職場まで送り、その足で24時間営業のスーパーで夕食の材料を買ってきました。

 

夕食作りを早く終わらせてできる限りダラダラしたいので、とくに日曜日に嫁さんが仕事のときはこのパターンで休日を過ごすことが多いです。

 

ちなみに昼食はカップラーメンなどをついでに買っておき、自分だけの食事にはまったく労力はかけません(笑)

 

そして自分の仕事用の弁当作りも休日中に、冷食やら残り物やらをタッパーに1日分ずつ詰めて1週間分冷凍してしまいます。なのでお弁当の中身は毎日ほぼ同じです(笑)

 

今から10年弱前、まだ歯科技工の専門学校に通っていた時代からこの方式で弁当も作っています。ちなみに嫁さんは社食があるので自分の分だけ、冷食手抜き弁当を用意すればOKです。

 

 

話が少しそれてしまいましたが、今回作るのは「豚肉とミニトマトのソテー」と「鶏肉とあおさのピカタ」そして「レタスとミニトマトのサラダ」です。

 

お肉のメニューはどちらも嫁さんに好評なメニューです。朝嫁さんを車で送りながらどちらのメニューがよいか尋ねると、「両方とも作ってもいいよ」と言っていたので両方作ることにしました(笑)

 

ということでメインの材料はこちら。あおさ(青のり)は家にあったのでお肉とミニトマトとレタスを買い足しました。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720084958j:plain

 

午前中に下ごしらえをして夕方ちょっと手を加えるだけにしておきます。

 

豚肉は格子状に切れ込みを入れ、酒、塩、コショウ、にんにくに漬けます。この下味をつけたお肉を夕方焼くのですが、先に半分にカットしたミニトマト(8~10個くらい)とオリーブオイルを絡めて鍋に入れ、後はすぐ焼くだけの状態にしちゃいます。

 

鶏肉は溶き卵、塩、和風だしの素、にんにくチューブ、たっぷりのあおさに漬けておきます。ピカタということで片栗粉を入れてもいいのですが、あんまり味が変わらないような気がするのでカラベアは入れません。少しでも手抜きです(笑)

 

余ったミニトマトは塩、オリーブオイル、バルサミコ酢をかけてサラダのドレッシングにしました。バルサミコ酢の賞味期限が切れていましたが、何のためらいもなく使用しました(笑)

 

写真はこんな感じです。オリーブオイルやバルサミコ酢というオシャレワードが出てきて、一見ちゃんと料理をしている風なので自己満足しているカラベアです。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085328j:plain

 

後は冷蔵庫に入れておき、仕事用の弁当作り(ただの容器詰め)やら何やらを終わらせながら、猫のミルちゃんと遊びつつ夕方までダラダラ過ごします。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085348j:plain

 

夕方嫁さんが帰る頃になったら、調理の続きを開始します。それではサラダの準備からいきたいところなのですが、カラベア家で使うキッチン用具も少し紹介してみます。

 

水切り用のサラダボウルとゆで卵用の穴開け器、それからミルちゃんに似ている猫の箸置きです。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720101332j:plain


柄は反対ですがミルちゃんそっくりの箸置きです。雑貨屋で見つけたので嫁さんへのお土産にと買ったものです。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085405j:plain

 

このゆで卵の穴開け器も意外と重宝しています。カラベアの嫁さんは糖質オフダイエットをしているので、ご飯の代わりにカラベアがちょくちょく煮卵を作りおきしています。

 

茹で加減は半熟にするので殻を剝くときボロボロになりやすいのですが、茹でる前にこの針で底に1カ所穴を開けておくと綺麗に剥きやすいです。

 

表面の薄皮も綺麗にとれるので食感が良くなり味も美味しくなります。始めは嫁さんが使っていて、カラベアはいちいち針で刺すのがめんどくさいと思ってました。ですが実際美味しくなるのでカラベアも使うようになりました。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085416j:plain

 

レタスを水洗いしてザルに入れましたが、この水切りってけっこう面倒ですよね。水気が残ったままだと水っぽくてドレッシングの味が薄くなってしまい、しかもお皿の底に水がたまり最後の方は美味しくない。

 

ということで水切りボウルの登場です。使っている方も多いかもしれませんね。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085433j:plain

 

洗ったレタスをボウルに入れて、グルグル取っ手を回すと遠心力で水分が飛ばされていくという仕組みです。

 

仕事で磨き砂を使って、金属やプラスチックなどを研磨するので爪に汚れがついてますね・・・。奥まで入り込んで洗っても完全には落ちないんです(汗)

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085536j:plain

 

使用するとレタスの緑色がついたお水が溜まっています。この水切りボウルを使うと洗い物が増えてしまうのですが、ドレッシングにも手を加えるときはカラベアも活用しています。

 

嫁さんはよくこのボウルに入れたまま生野菜を冷蔵保存していますし、上手く使えばサラダが美味しくなってなかなか便利ですよ。

 

サラダは、先に作ったミニトマトとバルサミコ酢のドレッシングをかけて、チーズをちぎってトッピングしたら完成です。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085549j:plain

 

焼くだけにしておいた豚肉とミニトマトのソテーはこんな感じです。ローズマリーなどハーブ系を少し入れると香りがよくなって美味しさがアップします。小瓶に入った奴を使っていたのですが、今回はストックが切れていました(泣)

 

ミニトマトから水分が出るので下味をつけるために漬けておいた液は入れない方が無難です。にんにくは一緒に入れちゃいます。最初に切れ目を入れた上面を香ばしく焼いたら裏返し、固くなりすぎないように焼くのが美味しく焼くポイントです。

 

トマトの酸味も効いてとっても美味しいです。カラベアたちは脂身部分がジューシーで好きなので、お肉を選ぶときは脂身が多いものを選んでいます。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085727j:plain

 

ピカタの方はこんな感じです。胸肉、もも肉とくに種類は選ばす、その時安い鶏肉を買っているのですが、どれでも美味しいので色々なお肉で試しています。

 

あおさの香りがとてもいいアクセントになっています。少し中まで火が通りにくいので、じっくり焼いた方が安心です。

 

f:id:carabear-JewelTeeth:20190720085811j:plain

 

嫁さんが前日作った麻婆豆腐と餅巾着も一緒に並べて夕食の完成です。

 

うーん・・・メニューが盛りだくさんなのに、なんか全体的に茶色い気がする(笑)インスタ映えさせるには、器とテーブルクロスで色味を足した方が良いのでしょうか?

 

もちろん料理は美味しく嫁さんにも好評でした。食べきれない分はまた翌日のメニューの足しになりました。

 

ブログのネタになると少し変わったメニューも作ってみようかと思えていいですね。この調子でまた料理の紹介もしていきたいと思います。

 

 

今回は男飯の紹介でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。また皆さんが楽しめる情報を更新していきますね。この記事は「はてなブログ」に掲載しています。よろしければ読者登録やブックマークしていただけるとカラベアがとっても喜びます。

 

今回紹介した調理器具も紹介しておきます。ゆで卵を簡単に作れる商品もありましたが、これかなり良さそうで買うか迷います。もし持っている人がいたら使い心地を教えてください。